採用情報

RECRUIT
 

島浦の海で一緒に働きませんか?

資格や経歴は必要ありません。
豊かな自然の中で働きたい方、海が好きな方、
魚が好きな方、体力に自信がある方。
大歓迎です。

育てる漁業は今後さらに需要が高まります。
人々の食の未来に興味がある方、
是非、ご応募ください。

離島ならではの豊かな自然の中で
明るい仲間と共に、こだわりの真鯛を育てる。

生簀数は県内最大級。少ない人数でたくさんの仕事をこなすベテラン揃い。アットホームでチームワークがよく、明るく賑やかな職場です。
人々の食の未来に少しでも役にたてる企業をめざします。

木下水産で働くポイント

宮崎県へのUIJターン者向け

宮崎県は県外からの移住を
支援しています!!

宮崎県では県外から県内の市町村に移住、就業された方に「移住支援金」が支給される制度を設けています。

主なお仕事内容

餌やり

決められた曜日に餌をやります。餌は完全ペレット。生け簀に設置している給餌器に20㎏の餌袋を運び投入します。稚魚には手撒きでえさやりをします。生け簀数が多いので一人でも多くの人手が欲しいところです。

網替え

生け簀の網を定期的にきれいな網と交換します。
これをまめにやることで潮通しがよくなり鯛にとって良い環境になります。

網洗い

汚れた網を洗って手入れをします。網が擦れていたら手作業で補強します。

選別作業

鯛の成長にあわせ選別をします。一つの生簀に対する魚の数を調整して育ちやすい環境をつくることと、取引先の希望のサイズを出荷出来るように準備することが目的です。

出荷作業

毎日、昼と夕方、出荷をします。
生簀から船の水槽に鯛を1匹ずつ数えながら入れます。対岸の阿蘇港に移動して待機している自社活魚車に移し各市場へ配送します。専属の運転手も弊社の正社員です。他に鯛を絞めて箱入れをして鮮魚での出荷や、先方の船へ生簀からそのまま移す出荷もあります。

※その他に船や生簀のメンテナンス、漁場の整備など定期的に行います。

おおまかな
1日の流れ

出社(事務所集合)

ミーティング&珈琲タイム

みんなで珈琲を飲みながら、一日のスケジュールの確認や、出荷数などをチェック。1日がスタートします。

養殖場で作業開始

餌やり、出荷、選別、生簀の移動など

昼休憩

島内通勤者は自宅へ戻ることも。島外通勤者は社員専用休憩室で昼食や休憩を取ります。シャワー室も完備しています。

事務所集合

午後の作業について、もう一度、みんなで確認し合います。

養殖場で作業開始

網替え、網洗、網仕事、出荷など

事務所に戻って退社

事務所に戻り、退社します。一日お疲れ様でした!

メッセージ

代表取締役 木下豊一

時代は日々変化しています。これからの時代にあった水産業のありかたを探求し、自ら行動できる若者に期待しています。
そして継続は力なり。何事も地道に継続してこそ、その先に喜びがあると思います。
やりがいを自分で見出して人生を豊かにしてもらいたいです。

専務取締役 木下拓磨

毎日海の上にいます。養殖の仕事をするうえで当たり前ですが決して簡単なことではありません。でも、この島の豊かな自然に囲まれて仕事をする楽しさ、心を込めて育てた魚を誰かに「美味しい!」と言ってもらえる喜び、それは本当にかけがえのないものです。
この気持ちを共感して頂きたい、その一心です。
特に海の仕事未経験者、大歓迎です!

木下水産の仕事に
ご興味がある方、是非ご応募ください。

(細かな募集内容はハローワーク等に掲載しています)

有限会社木下水産

TEL:0982-43-1374

※採用に関するご不明点など、
お気軽にお問い合わせください。

© KINOSHITASUISAN All Rights Reserved.